ケース別保険設計の考え方

定年退職された方の場合

退職された方は、退職金や年金によって生活をすることになるので、必ず生命保険の見直しをしてください。
退職をされた時というのはすでに子供が独立しているので、死亡保障はお葬式代費用、配偶者の生活費などを補える程度の保険で十分です。
しかし、病気や怪我、長期入院などを視野に入れた備えは重要になってくるので、入院保険の充実は不可欠です。
また、新たな保険の加入を希望される場合は、既存の保険を安易に解約してはいけません。
健康状態によって新たな保険に加入できない可能性もあるので、新しい保険に加入してから今まで契約していた保険を解約するようにしてください。
そして、定年退職後のマネープランをしっかりと考えましょう。
マネープランを考える時に重要なことは、「退職金などの運用方法」「国の社会保険・健康保険の対応」です。
退職金などのまとまったお金をどのように運用するかで、これからの生活が変わっていきます。
そのため、しっかりとしたスクコントロールをするようにしてください。
また、国の社会保険・健康保険制度は気付かない間に変更している場合もあるので、常に最新の情報をチェックしておきましょう。
これらのことを一人で考えるのはなかなか難しいので、ファイナンシャルプランナーに相談されることをオススメします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました