ケース別保険設計の考え方

子供が生まれた場合

子供が生まれると食費をはじめ生活に必要なお金が増えます。
また、子供が成長に伴って、教育費の費用も増えていきます。
そのため、まず子供が生まれた場合、その増えた費用分だけ死亡保障を増額する必要があるのです。
「こども保険」と呼ばれる保険もありますが、それに加入したとしても、大学の入学金程度しかカバーできないのが現状です。
子供のことをしっかりと考えるのであれば、こども保険に加入するよりも、死亡保障を増額するのが正しい判断です。
こども保険の加入目的は、あくまでも子どもの病気や怪我に備えたり、子どもの学費を貯めるためです。
ただ、子どもの病気や怪我に備えでこども保険に加入しなくても、都民・県民共済などで負担を減らすことができるので覚えておきましょう。
もし、こども保険に加入する場合は、誰のための保障なのか、何を保障してくれるのかを事前に理解しておきましょう。
また、子供が生まれた保険を見直す場合は、今後の長期的な将来設計をしっかりと立てることが大切です。
そして、もし大黒柱に何かあった場合の時に収入をカバーする保険「収入保障保険」を増額させたり、学費目的で逓減型の定期保険を上乗せするというのも、子供が生まれた時の一般的な対策です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました