生命保険の豆知識

医療保険と傷害保険

医療保険とよく似た保険に「傷害保険」があります。

医療保険と傷害保険の大きな違いは、医療保険が病気をしたときに保険金が出るのに対して、傷害保険はケガをしたときに保険金が支払われます。

広告を見ると、どちらも「入院」、「通院」、「手術」などと項目が似通っているため間違えやすいですが、毎月支払う保険料が異なります。

傷害保険の方が安いので加入してしまいがちですが、傷害保険は損害保険会社が扱っており、自動車保険などに付いている保険です。

自動車事故によるケガや死亡時に支払われるというものですから、病気が原因による入院、通院、手術では保険金がおりません。

医療保険は病気だけでなく、ケガについても保険金が支払われるため、傷害保険と混同しがちです。

「最近の医療保険は安くなったなぁ」などとよろこんでいると、傷害保険だったりします。

医療保険と傷害保険を区別するポイントですが、医療保険は健康状態について問われますが、傷害保険は職業の危険度が重視されます。

また、医療保険は性別や年齢により保険料が異なりますが、傷害保険では年齢による保険料の違いはありません。

病気を持つ人が傷害保険に入ってしまうことがありますので、加入の際にはご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました